5000円以上のご購入で配送送料

TOPICSトピックス

2022.04.26 Tue Column

エブリシングオイルでリラックス、癒しのバスタイム

エブリシングオイルでリラックス、癒しのバスタイム

 

新生活がスタートしましたね。新しいことにチャレンジしたりと慌ただしい毎日の中でも、ほっと一息つけるような時間はとても大切です。今回は自分自身を労わる為の入浴中にできる簡単なリフレッシュマッサージをご紹介します。

1日の疲れを癒すのに最適なのはやはり入浴時間。LISARCHのエブリシングオイルはバスオイルとしてもお使いいただけます。

湯船にバスオイルを入れて入浴することで、ふわっと香る精油の香りに癒されながら気持ちをリラックスさせ、保湿力のあるバスオイルで肌の潤いをしっかり保ちます。

またお湯とバスオイルによってマッサージをする際の摩擦が減って肌の負担になりにくくなるので、バスオイルを入れた湯船でのマッサージがオススメです。入浴中のマッサージは身体が温まり、筋肉が緩むのでリンパが流れやすく、むくみや冷えの解消に繋がります。

○入浴前の準備

 

まず入浴前に水分をしっかりとりましょう。常温の水や白湯がオススメです。体内に十分な水分があるとリンパが流れやすくなり、マッサージの効果を高めてくれます。

38度から40度くらいのぬるめのお湯にエブリシングオイルを5〜10プッシュ(3cc〜7cc)入れてよくかき混ぜます。

 

○入浴中のヘッドマッサージ HOW TO

 

①まずはゆっくり湯船に浸かって身体を温めましょう。

②手をグーにしてこめかみに当て、回すように目の疲れをほぐします。(猫の手のように面を当てて行うと優しく、第二関節を使うとしっかりめのマッサージが可能です。)

③同じように耳上〜耳後ろまで耳の周りをほぐします。

④耳を掴んで横・上・後ろへゆっくり引っ張ってみてください。

⑤グーの拳の第二関節を首と頭の付け根にある窪みに当て、顔は上を見上げながら顎を上げ、左右片側ずつ頭の重みをグーの拳に乗せるように傾けて押さえます。

⑥左を向き顎を引いた状態で、ゆっくりと優しく右肩を左手で数カ所押さえます。反対も同じように行います。

⑦グーの手で首から鎖骨へ、鎖骨から脇へリンパを流すようにマッサージします。

※コリがあると痛い場合もありますので、やさしく痛すぎない程度で行ってみてください。

 

週に一回、湯船に浸かってマッサージをする時間を作るだけでも身体の緊張が和らぎ、心にも余裕が生まれるはず。

ぜひこの時期にバスオイルでの入浴とマッサージを試してみてはいかがでしょうか?

エブリシングオイルはこちら

今回、入浴中のヘッドマッサージを教えてくれたのは、

même +LIM(メームプラスリム)

Espalist 堀あゆみ/山田彩奈

@meme__lim

  • SHARE
  • facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
CATEGORY
RECENTLY
ARCHIVES