LISARCH(リサーチ)

TOPICSトピックス

2021.07.08 Thu Column HAIR CARE

お家でできる夏のヘアケアのススメ

お家でできる夏のヘアケアのススメ

今回はお家で毎日実践できる夏のヘアケアをLISARCHのアイテムを使ってヘアスタイリストにレクチャーしていただきます。

夏に向けて湿度が上がり、髪の広がりやうねりが気になったり、紫外線によるダメージ、皮脂による頭皮のベタつきなど様々な悩みが出てきます。そこで毎日のケアをより効果的におこない夏でも綺麗な毛髪と頭皮を目指しましょう。

◯シャンプー、トリートメントの選び方

キューティクルがダメージを受けると水分を吸収しやすくなり広がりやうねりに繋がります。毎日のケアでダメージ補修して夏の対策をしていきましょう。まずは、シャンプートリートメントの選び方についてご紹介します。髪質や髪の状態、好きな仕上がりに合わせてシャンプートリートメントのタイプを選びます。

“Tsutsumu” ヘアパック シャンプー スムース

軟毛、細毛、潰れやすい、サラサラさせたい、ハリコシをだしたい方にオススメ!

“Tsutsumu” ヘアパック シャンプー モイスト

硬毛、くせ毛、ボリューム出やすい、しっとりさせたい、柔らかくしたい、パサつきを抑えたい方にオススメ!

“Tsutsumu” ヘアパック トリートメント スムース

指通りよくさらりとまとめたい、軽やかなヘアにしたい方にオススメ!

“Tsutsumu” ヘアパック トリートメント モイスト

パサつきを抑えまとめたいボリュームダウンさせたい方にオススメ!

◯ドライのポイント

シャンプーとトリートメントが決まったら、次はドライについてです。

まず、タオルドライをし、髪の毛の中心から毛先にかけてヘアオイルをつけます。ヘアオイルを使うことにより、ドライヤーの熱によるダメージから守ってくれ、パサつきや広がりも抑えてくれます。

◯ドライヤーを当てるときの5のポイント

①まず、髪の根元にしっかりと風を当てる

②癖がついてしまわないように色々な方向から風を当てる

③前髪などが浮きやすい人は手で押さえながら乾かすと治りやすい

④ふんわりさせたい部分は髪を持ち上げながら風を通すように乾かす

⑤耳裏やもみあげの内側は乾きにくいので最後に乾いているか確認

毎日のケアで、ちょっとしたポイントを押さえて実践するだけで理想的な髪質や夏のダメージに負けない健康的な髪を維持することができます!

この機会にぜひお試しください。

次回は夏の紫外線対策とアレンジについてご紹介致します。お楽しみに!

 

今回教えてくれたのは、、、

スタイリスト 櫻井華奈

Dot+LIM(ドットプラスリム)

東京都港区南青山3-18-7日本回送ビルB1

@kana__sakura

  • SHARE
  • facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
CATEGORY
RECENTLY
ARCHIVES